Ta/N共ドーピングルチル型TiO2を光触媒とした太陽光水分解

Ta/N共ドーピングルチル型TiO2を光触媒とした太陽光水分解に関する論文がJournal of Materials Chemistry Aにオンライン掲載されました。同材料は代表的な酸窒化物光触媒であるTaONと比べて2〜3倍高活性な水の酸化光触媒として働き、その高活性を示す要因を過渡吸収分光により明らかとしました。CO2還元系と連結したZスキーム型光触媒への応用も期待されます。A03の前田、A02公募班の山方らによる共同研究の成果です。

(1)
Nakada, A.; Nishioka, S.; Vequizo, J. J. M.; Muraoka, K.; Kanazawa, T.; Yamakata, A.; Nozawa, S.; Kumagai, H.; Adachi, S.; Ishitani, O.; et al. Solar-driven Z-scheme water splitting using tantalum/nitrogen co-doped rutile titania nanorod as an oxygen evolution photocatalyst. J. Mater. Chem. A 2017. https://doi.org/10.1039/C6TA10541F.