研究成果

原著論文

 

 

基調講演

国際学会

2017

  1. S. Tanabe, Design of Near-Infrared Persistent Phosphors for Bio-Imaging, The 2017 International Conf. on Materials, Heraklion, Greek, 2017/7/15, A03 田辺
  2. S. Tanabe, Glass and Rare-Earth Elements: A Personal Perspective, The 7th International Conference on Optical, Optoelectronic and Photonic Materials and Applications (ICOOPMA2016), Montreal, Canada, 2017/6/15, A03 田辺
  3. S.Tanabe, Glass and Rare-Earth Elements, The 9th Symposium on China Functional Glasses and International Forum, Fuzhou, China, 2017/5/17, A03 田辺.
  4. Masatomo Yashima, Kotaro Fujii, Eiki Niwa, Crystal structure, Ion-diffusion Path and Chemical Bonding of Ceramic Materials by Neutron and Synchrotron X-ray Powder Diffractometry, BIT’s 5th Annual Congress of AnalytiX 2017, Hilton Fukuoka Sea Hawk, Japan, 2017/3/22, A02 八島.
  5. Kenta Hongo, Recent Developments in Materials Simulations and Informatics, The Third Asian Conference on Defence Technology (3RD ACDT), Le Meridien Phuket Beach Resort, Phuket, Thailand, 2017/1/18, A01 本郷.

2016

  1. Masatomo Yashima, Kotaro Fujii, Masahiro Shiraiwa, Keisuke Hibino, Eiki Niwa, Structure, diffusion path and design of novel oxide-ion conductors, 14th International Conference of the Asian Crystallographic Association(AsCA 2016), Hanoi University of Science and Technology, Vietnam, 2016/12/5, A02 八島.
  2. Fan, Z.H. ZHAO, H.H. CHANG, S. KOMATSUDA, Y. ASAKURA, S. YIN*, Solvothermal Synthesis of Modified SrTiO3 Perovskite Photocatalyst, EMN Xiamen Meeting on Perovskite, Solar Cells & Hydrogen Energy, Xiamen, China, 2016/12/2, A01 .
  3. Hiroshi Kageyama, Hydride Exchange Chemistry in Perovskite Oxides, 18th International Conference on Solid State Protonic Conductors (SSPC-18), Oslo, Norway, 2016/9/21, A01 陰山.
  4. S.YIN, Novel Solvothermal Synthesis of Multifunctional Inorganic Nanomaterials, The 4th International Symposium on Rare Earth Resource Utilization(ISRERU-4) & The 7th International Symposium on Functional Materials (ISFM-7), Changchun, China, 2016/8/19, A01 .
  5. S.YIN, Synthesis and Characterization of Multifunctional Smart Coating, 4th Advanced Functional Materials and Devices, Suzhou, China, 2016/8/13, A01 .
  6. Setsuhisa Tanabe, Glass and Rare-Earth Elements: A Personal Perspective, The 7th International Conference on Optical, Optoelectronic and Photonic Materials and Applications (ICOOPMA2016), Ecole Polytechnique of Monteal, Monteal, Canada, 2016/6/14, A03 田部.

国内学会

2017

  1. 内本喜晴, 多電子移動電極を用いた 高エネルギー密度二次電池の開発 , 84回電気化学会, 首都大学東京, 2017/3/25, A03 内本.
  2. 八島 正知、藤本 絢香、白岩 大裕、藤井 孝太郎、丹羽 栄貴, 新型酸化物イオン伝導体の探索, 3回構造科学と新物質探索研究会「新構造型機能性無機材料の探索: –現状と展望 (日本セラミックス協会 2017年年会 サテライトプログラム), 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/17, A02 八島.
  3. 澍, ソルボサーマル反応場による赤外応答機能材料の創製と応用, 日本金属学会2017年春季(160)大会, 首都大学東京, 2017/3/16, A01 .

招待講演

国際学会

2017

  1. Takao Mori, Utilization of Magnetic Semiconductors and Bottom-up Nanostructuring for Thermoelectric Enhancement, ICT2017 (36th Annual International Conference on Thermoelectrics), Pasadena Convention Center, USA, 2017/8/2, A03 森.
  2. Setsuhisa Tanabe, Crystal Chemistry of Perovskites; Amazing Material of Rich Electronic Functions, Frontier Lecture for Solid Luminescent Materials, Lanzhou, China, 2017/7/31. A03 田部.
  3. Setsuhisa Tanabe, Glass and Rare-Earth Elements, Frontier Lecture for Solid Luminescent Materials, Lanzhou, China, 2017/7/31. A03 田部.
  4. Kazuhiko Maeda, New Semiconductor Photocatalysts Designed for CO2 Reduction and Water Oxidation under Visible Light, The 7th International Multidisciplinary Conference on Optofluidics 2017, Grand Copthrone Waterfront Hotel, Singapore, 2017/7/25, A03 前田.
  5. Setsuhisa Tanabe, Deep red persistent phosphors of Mn2+ doped germanate pyroxene with lanthanide sensitizer, 6th IWASOM & Phosphor Safari Conference, University of Gdańsk, Poland, 2017/7/11, A03 田部.
  6. Tetsuya Hasegawa, Growth of electronic functional oxynitride thin films by pulsed laser deposition, TOEO-10, Waseda University, Japan, 2017/7/5, A03 長谷川
  7. Kazuhiko Maeda, New Heterogeneous Photocatalysts Designed for Water Oxidation and CO2 Reduction, Nano-Micro Conference 2017,  Shanghai Marriott Hotel Riverside, China, 2017/6/21, A03 前田
  8. Takao Mori, New Routes for Bottom-up Nanostructuring and Utilization of Magnetic Semiconductors to Enhance Thermoelectric Materials, ICMAT2017, Suntec Singapore, Singapore, 2017/6/19, A03 森.
  9. Tatstuto Yui, In-situ Synthesis of Metal Nanoparticles within the Interlayer Space of Inorganic Layered Material Transparent Films, International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC2017), Hotel Continental Saigon, Ho Chi Minh City, Vietnam, 2017/6/10, A03 由井.
  10. Takao Mori, Utilizing Magnetic Semiconductors and Bottom-up Nanostructuring for Enhancing Thermoelectric Properties, ICE2017 (8th International Conference on Electroceramics), Nagoya University, Japan, 2017/5/31, A03 森.
  11. Takao Mori, Bottom-up Nanostructuring for Enhanced Thermoelectric Performance, 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM 12), Hilton Waikaloa Village, USA, 2017/5/25. A03 森.
  12. Kazuhiko Maeda, Water splitting using metal oxide photocatalysts, 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM 12), Hilton Waikaloa Village, USA, 2017/5/23. A03 前田.
  13. Setsuhisa Tanabe, S-band gain and blue upconversion characteristics in Tm-doped fiber amplifier by dual-wavelength pumping, 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM 12) including Glass & Optical Materials Division Meeting (GOMD 2017), Hilton Waikaloa Village, USA, 2017/5/23. A03 田部.
  14. Takao Mori, Novel inorganic materials and bottom-up nanostructuring for thermoelectrics,  XVII International Forum on Thermoelectricity, Great Hall, Queen’s University of Belfast, Ireland, 2017/5/18, A03 森.
  15. Z.H. ZHAO, J.M. FAN, H.H. CHANG, Y. ASAKURA, K. YANAGISAWA, T.SATO, S. YIN*, Hydrothermal Synthesis of Environmental Harmony Inorganic Nanomaterials, International Symposium on Advanced Materials: Golden Era in Hydrothermal Research 2017, 高知大学, 日本, 2017/3/29, A01 .
  16. Hiroshi Kageyama, Creation and new functions of mixed-anion compounds , A seminar hosted by Prof. Ryo Maezono, Japan Advanced Institute of Science and Technology (JAIST), Japan, 2017/3/22, A01 陰山.
  17. Setsuhisa Tanabe, Efficient near infrared persistent phosphors for the second and third bio-imaging windows, Phosphor Global Summit 2017, San Diego Marriott La Jolla(San Diego/CA), USA, 2017/3/14, A03 田部.
  18. Hiroshi Kageyama, Creation of Mixed Anion Systems with Novel Functions , セミナー, Shanghai, China, 2017/3/13, A01 陰山.
  19. Hiroshi Kageyama, Functional mixed anion compounds – magnetism, catalysis and environmental remediation, MANA International Symposium 2017, Tsukuba, Japan, 2017/3/1, A01 陰山.
  20. Ogino, Exploration of new iron-based superconductors from the viewpoint of crystal chemistry, 超伝導コロキウム, 東京大学(東京都文京区), 日本, 2017/2/28, A01 荻野.
  21. Takao Mori, Bottom-up Nanostructuring for Thermoelectrics, TMS2017 (146th Annual Meeting), San Diego Convention Center, (San Diego, USA), USA, 2017/2/27, A03 .
  22. Masatomo Yashima, Kotaro Fujii, Masahiro Shiraiwa, Keisuke Hibino, Eiki Niwa, PRECISE STRUCTURE ANYLYSIS OF INORGANIC CATALYSTS, PHOTOCATALYSTS AND OXIDE-ION CONDUCTORS, 3rd International Conference on Molecular & Functional .
  23. Catalysis (ICMFC3), NUSS Kent Ridge Guild House, Singapore, 2017/2/26, A02 八島.
  24. Kazuhiko Maeda, CO2 reduction and water oxidation by new semiconductor photocatalysts, International Conference on Catalysis and Chemical Engineering, The Double Tree by Hilton Baltimore-MWI Airport, USA, 2017/2/23, A03 前田.
  25. Hiroshi Kageyama, Mixed anion system: a new playground for chemists and physicists, A seminar hosted by Prof. Nic Shannon, Okinawa Institute of Science and Technolog (OIST), Japan, 2017/2/20, A01 陰山.
  26. Tomoko Yoshida, Muneaki Yamamoto, Akiyo. Ozawa, Yuma Kato, Shinya Yagi, Chemical state analysis of nitrogen doped titanium dioxide , The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/19, A02 吉田.
  27. Miki Inada, Katsuro Hayashi, Junichi Hojo, Fabrication strategy for mesoporous silica titania photocatalyst with high adsorbability, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/19, A02 稲田.
  28. Takao Mori, Developing High Temperature Thermoelectric Materials by Utilizing Mixed Anions and Novel Principles, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/19, A03 .
  29. Yuji Masubuchi, Daiki Habu, Shi-Kuan Sun, Akira Hosono, and Shinichi Kikkawa, Crystal structure and dielectric property of perovskite-type oxynitrides, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 鱒渕.
  30. Takao Mori, Utilizing Magnetic Semiconductors and Bottom-up Nanostructuring Methods for Enhanced Thermoelectrics, Thermoelectric Network Meeting, University of Manchester, UK, 2017/2/14, A03 .
  31. Hiroshi Kageyama, Perovskite Oxyhydride Catalysts for Ammonia Synthesis , iCeMS-VISTEC Joint Symposium, VISTEC, Thailand, 2017/2/2, A01 陰山.
  32. Kazuhiko Maeda, Development of New Visible-Light-Driven Photocatalysts for Water Oxidation Based on Rutile TiO2, 7回「フォーラム:人工光合成」 , 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 日本, 2017/1/28, A03 前田.
  33. Hiroshi Kageyama, Novel Functionalities Driven by Mixed Anion Coordination in Extended Solids, セミナー, Johns Hopkins University, USA, 2017/1/26, A01 陰山.
  34. Miki INADA, Katsuro HAYASHI, Junichi HOJO, Quantitative evaluation of adsorption-photodecomposition property on mesoporous silica-titania, ICACC2017, Hilton Daytona Beach Resort and Ocean Center, USA, 2017/1/25, A02 稲田.
  35. Setsuhisa Tanabe, Analysis of carrier trapping centers on persistent phosphors, 41st International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites, Florida, USA, 2017/1/25, A03 田辺.
  36. Takao Mori, Prospective for High Temperature Thermoelectric Applications and Development of Materials (Borides, Sulfides, Oxides, and Nitrides), Electronic Materials and Applications EMA2017, Doubletree Hotel (Florida, USA), USA, 2017/1/19, A03 .

2016

  1. Kenta Hongo, Hisaki Ikebata, Tetsu Isomura, Ryo Maezono, Ryo Yoshida, Efficient chemical compound search based on Bayesian inference, The 11th General Meeting of ACCMS-VO (ACCMS-VO11), 東北大学片平キャンパス(宮城県仙台市), 日本, 2016/12/21, A01 本郷.
  2. S.YIN, Synthesis and Characterization of Composite Type High-activity Photocatalysts, International Workshop of Materials for Energy & Environmental Science, BJUT, Beijing, China, 2016/12/16, A01 .
  3. Hiroshi Kageyama, Mixed Anion Chemistry , International Symposium on Solid State Chemistry, JNCASR, India, 2016/12/3, A01 陰山.
  4. Setsuhisa Tanabe, Novel Red and Near Infrared Persistent Phosphors Developed By Trap Choice and Conduction Band Engineering, Phosphor Safari 2016, Hong Kong Baptist University, Hong Kong, 2016/11/29, A03 田部.
  5. Jumpei Ueda, Setsuhisa Tanabe, Quenching Processes of Thermal Ionization and Thermally Activated Crossover for 5d-4f Luminescence, Phosphor Safari 2016, Hong Kong Baptist University, Hong Kong, 2016/11/29, A03 田部.
  6. Ogino, A. Sala, H. Yakita, H. Tanaka, J. Shimoyama, K. Kishio, Y. Gotoh, K. Kataoka, A. Iyo, H Eisaki, Development of new iron-based superconductor 112 phase, The 5th China-Japan Symposium on Crystal Growth and Crystal Technology, Crowne Plaza Hotel, Fuzhou, China, 2016/11/21, A01 荻野.
  7. Kazuhiko Maeda, Molecular-based heterogeneous photocatalysts for solar fuel production, 2nd Joint Workshop between NTU, Singapore and Tokyo Tech, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 日本, 2016/11/17, A03 前田.
  8. Takao Mori, Utilizing nanotechnology and novel materials and concepts for advanced and thermoelectric thermal management technology development, XV International Conference “Thermoelectrics and their Applications 2016”, Ioffe Institute (Russian Academy of Sciences), Russia, 2016/11/15, A03 .
  9. Masatomo Yashima, Kotaro Fujii, Eiki Niwa, Masahiro Shiraiwa, Keisuke Hibino, Keita Saito, Precise Structure Analysis of Oxide Materials through Neutron and Synchrotron Powder Diffractometry up to 1830 K, STRUCTURE and THERMODYNAMICS of OXIDES at HIGH TEMPERATURE (STOHT2016), University of California, USA, 2016/10/21, A02 八島.
  10. Yoshiharu Uchimoto, Improvement of Rate Capability of Cathode Materials for Automobile Applications, ABAA9 , Huzhou, China, 2016/10/18, A03 内本.
  11. S.YIN, Novel Water Molecular Controlled-Release Solvothermal Process for the Synthesis of Inorganic Nanomaterials, 2016 International Symposium on Intefradted Molecular/Materials Science & Engineering(IMSE2016), Qingdao, China, 2016/10/16, A01 .
  12. Kenta Hongo, Quantum Monte Carlo simulations of molecular interactions using high performance computing, EMN Meeting on Comuptation and Theory, SOUTH POINT HOTEL, Las Vegas, NV USA, USA, 2016/10/13, A01 本郷.
  13. Junpei Ueda, Investigation of Therml Ionization Quenching and Design of Persistent Luminescnece in Ce3+-Doped Garnet Phosphors, PRiME2016, Honolulu, USA, 2016/10/5, A03 田辺.
  14. Setsuhisa Tanabe, Crystal chemistry of perovskites; Amazing material of electronic functions, International Conference Recent Advances in Photovoltaics, Asia Bukhara hotel (Bukhara, Uzbekistan), Uzbekistan, 2016/9/29, A03 田部.
  15. Masatomo Yashima, Kotaro Fujii, Masahiro Shiraiwa, Yuichi Esaki, Keisuke Hibino, Eiki Niwa, Ion-diffusion Visualization and New Ionic Conductor Exploration Through Nuclear- and Electron-Density Studies, The 2016 E-MRS Fall Meeting, Warsaw University of Technology, Poland, 2016/9/20, A02 八島.
  16. Katsuro Hayashi, Chemistry of hydride ion and proton in anion-encaging crystals: Mayenite and apatite, Nonstoichiometric Compounds Ⅵ, LaFonda on the Plaza (Santa Fe), USA, 2016/9/7, A02 .
  17. Akihide Kuwabara, First Principles Calculations of Defect Clustering in Acceptor-Doped BaZrO3, Nonstoichiometric Compounds Ⅵ, LaFonda on the Plaza (Santa Fe), USA, 2016/9/7, A02 桑原.
  18. Setsuhisa Tanabe, Glass and Rare-Earths, Centenary Conference of Society of Glass Technology, シェフィールド大学(シェフィールド), UK, 2016/9/5, A03 田部.
  19. Hiroshi Kageyama, Anion Diffusion in Mixed-anionic Perovskite Systems, Nonstoichiometric Compounds Ⅵ, LaFonda on the Plaza (Santa Fe), USA, 2016/9/2, A01 陰山.
  20. Kazuhiko Maeda, Z-scheme reduction of carbon dioxide with visible light using a binuclear metal complex and a semiconductor, SPIE Optics+ Photonics for Sustainable Energy 2016, San Diego Convention Center, (San Diego, USA), USA, 2016/8/31, A03 前田.
  21. Setsuhisa Tanabe, Lanthanide materials for lighting and telecommunication,  Special Lecture at Ca’Foscari University of Venezia, Venezia, Italy, 2016/08/30, A03 田部.
  22. Setsuhisa Tanabe, Novel persistent phosphors of Transparent garnet ceramics, 6th International Congress on Ceramics (ICC2016), Internationales Congress Center, Dresden, Germany, 2016/8/23, A03 田部.
  23. X.WU, G.K. ZHANG, T.SATO and S. YIN, CsxWO3/ZnO Nanocomposite as a Smart Coating for Multifunction of Photocatalytic Cleanup and Heat Insulation, The 4th International Symposium on Rare Earth Resource Utilization(ISRERU-4) & The 7th International Symposium on Functional Materials (ISFM-7), Changchun, China, 2016/8/19, A01 .
  24. J.MATSUSHITA, K.SHIMIZU, N.IWAMOTO, X.WANG, J.YANG, T.GOTO, T.SEKINO, X.WU, S.YIN, and T.SATO, Oxidation Behavior of Titania Disilicide Powder, The 4th International Symposium on Rare Earth Resource Utilization(ISRERU-4) & The 7th International Symposium on Functional Materials (ISFM-7), Changchun, China, 2016/8/19, A01 .
  25. Hiroshi Kageyama, Synthesis, Reactivity and Properties of Transition-Metal Oxyhydrides and Oxynitrides, Gordon Conference on Solid State Chemistry, New London, USA, 2016/7/21, A01 陰山.
  26. Kazuhiko Maeda, Visible-light CO2 reduction using metal-complex/semiconductor photocatalysts, The 6th Sino-Japan bilateral young chemist forum, Dalian University of Technology, China, 2016/7/2, A03 前田.
  27. Miki INADA, Katsuro HAYASHI, Junichi HOJO, Kinetic approach for the adsorption-photodecomposition properties of mesoporous silica-titania, HTCMC9&GFMAT2016, Toronto Marriott Downtown Eaton Centre Hotel, Canada, 2016/6/28, A02 稲田.
  28. Yoshiharu Uchimoto, Operando Analyses of Reactions using Synchrotron Radiation and the Design of High Rate Capability Cathode , IMLB 2016, Chicago, USA, 2016/6/21, A03 内本.
  29. Setsuhisa Tanabe, LED Phosphors (Tutorial Lecture), 15th International Symposium on the Science and Technology of Lighting (LS15), 芝蘭会館(京都市), 日本, 2016/5/23, A03 田部.

国内学会

2017

  1. 森孝雄, フォノンエンジニアリングによる熱電材料の高性能化, 応用物理学会フォノンエンジニアリング研究グループ JST「微小エネ」領域合同研究会,  KKR ホテル熱海, 2017/7/15, A03 森.
  2. 前田和彦, 半導体、錯体、ナノ粒子をビルティングブロックとしたエネルギー変換型光触媒系の構築, 第402回触媒科学研究所コロキウム, 北海道大学触媒科学研究所, 2017/7/7 A03 前田.
  3. 田部 勢津久, ガーネット蓄光型蛍光体の電子構造と光機能設計, 34回先端光量子科学アライアンスセミナー,  東京工業大学, 2017/7/4, A03 田部.
  4. 前田和彦, 半導体光触媒を中核とした人工光合成系の構築, 第6回 「酸化物研究の新機軸に向けた学際討論会」, 九州大学先導化学研究所, 2017/6/17, A03 前田.
  5. 前田和彦, 固体光触媒を用いた水の光分解、二酸化炭素の光還元反応,  第2回固体化学フォーラム研究会, 東北大学金属材料研究所, 2017/6/14, A03 前田
  6. 田部 勢津久, 希土類蛍光体・セラミック蛍光体の基礎と課題、発光特性・量子効率・光源効率の評価法~白色LED、透光性セラミック、結晶化ガラス、高演色性~, サイエンス&テクノロジー セミナー, 大田区産業プラザ(PiO) (東京都大田区), 2017/3/29, A03 田部.
  7. 荻野 拓, 異種アニオン利用に よる新物質開拓, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/19, A01 荻野.
  8. 林 克郎, 酸化物中の微量の水素化物イオンの特定法, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/19, A02 .
  9. Ya Tang, Yoji Kobayashi, Cedric Tassel, Takafumi Yamamoto, Hirosh Kageyama, Catalytic ammonia decomposition over Ba-TiO3-xHx-supported Ru catalysts , 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/18, A01 陰山.
  10. Hiroshi Kageyama, Development of Functional Oxides and Mixed-Anion Compounds, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A01 陰山.
  11. 小林亮, 安永拓矢, 佐藤大典, 加藤英樹, 垣花眞人, 藤井孝太郎, 八島正知, BaYSi2O5Nの発見とその蛍光体母体としての可能性, 3回構造科学と新物質探索研究会「新構造型機能性無機材料の探索: –現状と展望 (日本セラミックス協会 2017年年会 サテライトプログラム), 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/17, A01 垣花.
  12. 前田和彦, 金属錯体と半導体の特徴を活かした二酸化炭素還元光触媒の創出, 27回グリーンケミストリーフォーラム, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 2017/3/15, A03 前田.
  13. 田部 勢津久, 量子切断蛍光体の特徴と応用~原理・現象の基礎・展望~, 情報機構セミナー, タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2017/3/10, A03 田部.
  14. 朝倉 裕介, 層状ケイ酸塩の層間修飾を利用した精密構造制御, 10回新機能無機物質探索研究センター・シンポジウム, 東北大学, 2017/2/10, A01 .

2016

  1. 本郷研太, 第一原理電子状態の進展とその統計科学・データ科学との融合展開, 5回日本MRS講演会, 横浜情報文化センター(神奈川県横浜市), 2016/12/22, A01 本郷.
  2. 澍, 赤外線応答に基づく無機ナノ材料の創製と新機能創出, 16回東北大学多元物質科学研究所研究発表会, 東北大学, 2016/12/10, A01 .
  3. 山本隆文, 川上隆輝, Michael A. Hayward, John E. McGrady, 陰山洋, 複合アニオン化合物におけるヒドリド(H-)イオンの高圧特性, 10回物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会), 神戸大学(兵庫県神戸市), 2016/12/9, A02 山本.
  4. 森孝雄, REAlB4型化合物の磁性と熱電的性質, 11回日本フラックス成長研究発表会, 東北大学金研, 2016/12/9, A03 .
  5. 前田和彦, 可視光水分解を実現する新たな光触媒系の開発, 10回物性科学領域横断研究会 第11回凝縮系科学賞受賞講演, 神戸大学(兵庫県神戸市), 2016/12/9, A03 前田.
  6. 森孝雄, 新規なナノ構造熱電材料: 希土類フリーで耐酸化性の高性能スクッテルダイト、および、新規な磁性半導体硫化物熱電材料, 21回通電焼結研究会, 東北大学金研, 2016/12/2, A03 .
  7. 前田和彦, 半導体と錯体を融合した革新的光触媒系の構築, 錯体学会若手の会東海地区勉強会, 岡崎コンファレンスセンター( 愛知県岡崎市), 2016/11/26, A03 前田.
  8. 田部 勢津久, ペロブスカイトの結晶化学:多彩な電子機能を有する驚異の材料, 1回フロンティア太陽電池セミナー, 京都大学化学研究所(京都府宇治市), 2016/11/17, A03 田部.
  9. 陰山 洋, 複合アニオン化合物の科学, セミナー, 神奈川大学, 2016/10/18, A01 陰山.
  10. 田部 勢津久, 希土類4f電子遷移を利用した量子切断による波長変換, 高分子学会有機エレクトロニクス研究会, 東京工業大学, 2016/10/13, A03 田部.
  11. 小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人, 水溶性錯体を用いた多形・形態が制御された酸化チタンの合成およびその展開, 日本セラミックス協会 関西支部 第19回若手フォーラム, 関西セミナーハウス修学院きらら山荘(京都市左京区), 2016/10/6, A01 垣花.
  12. 陰山 洋, 複合アニオン酸化物の合成と機能開拓, 日本セラミックス協会 関西支部 第19回若手フォーラム, 関西セミナーハウス, 2016/10/6, A01 陰山.
  13. 陰山 洋, 複合アニオン化合物の合成, 構造, 機能, 物性談話会, 名古屋大学, 2016/9/28, A01 陰山.
  14. 田部 勢津久, 希土類セラミックスによる蛍光体変換型LEDの光源効率の支配因子と向上技術, サイエンス&テクノロジー セミナー, 連合会館 (東京都千代田区), 2016/9/27, A03 田部.
  15. 牛山 浩, 「不均一触媒反応に対する理論化学手法による取り組み」, 118回触媒討論会, 岩手大学, 2016/9/21, A03 牛山.
  16. 本郷研太、池端久貴、磯村哲、前園涼、吉田亮, ベイズ統計と第一原理計算を基盤とする新規物質構造探査, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/15, A01 本郷.
  17. 陰山 洋, 新しい酸窒化物の合成法と機能開拓, シンポジウム「マルチプローブ融合利用による新奇強誘電体材料の物性解明」, 日本物理学会 2016年秋季大会 , 金沢大学角間キャンパス (石川県金沢市), 2016/9/15, A01 陰山.
  18. 澍, 新規ソルボサーマルプロセスによるセラミックスナノ材料の機能性制御, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 .
  19. 小林亮, 加藤英樹, 垣花眞人, 酸化チタン多形ナノクリスタルの水熱合成, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 垣花.

一般講演

国際学会

2017

  1. J. Xu, J. Ueda, S. Tanab,  Near-infrared long persistent luminescence of Er3+ in garnet for the third bio-imaging window, 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM 12), including Glass & Optical Materials Division Meeting (GOMD 2017), Waikoloa, USA, 2017/5/23, A03 田部.
  2. T. Hasegawa, T. Yamazaki, K. Shigematsu, S. Nakao, I. Harayama, D. Sekiba, Y. Hirose, High mobility amorphous Zn-O-N thin films fabricated by pulsed laser deposition, 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM 12), including Glass & Optical Materials Division Meeting (GOMD 2017), Waikoloa, USA, 2017/5/23, A03 長谷川.
  3. Kazuhiko Maeda, Akinobu Nakada, Koki Ishimaki, Junie Jhon M. Vequizo, Akira Yamakata, Osamu Ishitani, Water Splitting and CO2 Fixation on Visible-Light-Responsive Rutile TiO2-based Photocatalysts, The 16th Korea–Japan Symposium on Catalysis, 札幌 かでる2・7, 日本, 2017/5/17, A03 前田
  4. Ryo Kuriki, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda, Visible-Light CO2 Reduction Using Carbon Nitride and Metal Complex Hybrid Photocatalysts, The 16th Korea–Japan Symposium on Catalysis, 札幌 かでる2・7, 日本, 2017/5/16, A03 前田
  5. Tomoki Kanazawa and Kazuhiko Maeda, Light-induced Preparation of Multi-component Cocatalyst for Photocatalytic Water Splitting, The 16th Korea–Japan Symposium on Catalysis, 札幌 かでる2・7, 日本, 2017/5/16, A03 前田
  6. Takahiro. Yoshinari, Yuki. Orikasa, Kentaro. Yamamoto, M. Nishijima, Katsutoshi. Fukuda, Yoshiharu. Uchimoto, Improvement of phase transition reaction rate ofLi(Fe0.95Zr0.05)(P0.9Si0.1)O4 for high rate Lithium-ion battery cathode, IBA 2017, 奈良, 日本, 2017/3/7, A03 内本.
  7. Tomoki KANAZAWA, Kazuhiko MAEDA, Photochemical deposition of multi-component cocatalyst for water splitting, 2017 International Conference on Artificial Photosynthesis (ICARP2017), Kyoto, Japan, 2017/3/3, A03 前田.
  8. Ryo Kuriki, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda, Visible-Light-Driven Photocatalytic CO2 Reduction Using an Organic Semiconductor and Ru(II) Binuclear Complex Hybrid Photocatalysts, CCE-2017, Baltimore, USA, USA, 2017/2/22, A03 前田.
  9. H.CHANG, J. FAN, Z. ZHAO, Y. ASAKURA, S.YIN, Pt NPs and DNAzyme Functionalized Polymer Nanospheres as Triple Signal amplification Strategy for Highly Sensitive Electrochemical Immunosensor of Tumour Marker, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 .
  10. S.KOMATSUDA, Y. ASAKURA, S. YIN, N-TiO2 / F-TiO2 Nanocomposite with Enhanced Photocatalytic Activity under Visible Light Irradiation, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 .

2016

  1. J. Xu, J. Ueda, S. Tanabe, Near-infrared Long Persistent Luminescence of Er3+ in Garnets for the Third Bio-imaging Window, Phosphor Safari 2016, Hong Kong, China, 2016/11/29, A03 田部.
  2. S.YIN, The Development of Innovative Three-way Catalysts via Solvothermal Reactions, Global / Local Innovations for Next Generation Automobiles, 東北大学, 日本, 2016/10/10, A01 .
  3. S.YIN, Ceation of Functional Materials by Environmental Friendly Processes, Global / Local Innovations for Next Generation Automobiles, 東北大学, 日本, 2016/10/10, A01 .
  4. Takahiro. Yoshinari, Yuki. Orikasa, Motoaki. Nishijima, Koji. Ohira, Shogo. Esaki, Toshitsugu. Sueki, Takuya. Ootani, Yuichi. Kamimura, Koji. Ohara, Katsutoshi. Fukuda, Yukihiro. Koyama, Zenpachi. Ogumi, and Yoshiharu. Uchimoto, Stabilization of Intermediate Phase in LiFePO4 Leading to High-Rate Performance, PRiME 2016(ECS), Honolulu, USA, 2016/10/5, A03 内本.
  5. Naoya. Hamaguchi, Takahiro. Yoshinari, Yuki. Orikasa, M. Nishijima, Koji. Ohira, Syogo. Esaki, Toshitugu. Sueki, T. Ootani, Yuichi. Kamimura, Koji. Ohara, Katsutoshi. Fukuda, Yukinori. Koyama, Zempachi. Ogumi, and Yoshiharu. Uchimoto, Electrochemical and Crystalstructural Analysis of Intermediate Phase Behavior in Co-Substituted LiFePO4 with Reduced Lattice Mismatch, PRiME 2016(ECS), Honolulu, USA, 2016/10/5, A03 内本.
  6. Eri. Kato, Takahiro. Yoshinari, Kentaro. Yamamoto, Takuya. Mori, Yuki. Orikasa, Koji. Nakanishi, and Yoshiharu. Uchimoto, The Enhancement of the Interface Reaction in LiFePO4 Two-Phase System, PRiME 2016(ECS), Honolulu, USA, 2016/10/5, A03 内本.
  7. Angga Hermawan, Kai Togawa, Shu YIN, Synthesis of Morphology Controllable AlN in NH3 Gas, Melbourne-Tohoku Symposium on Advanced Materials?Scientific & Engineering Challenges, Part2, 東北大学, 日本, 2016/9/26, A01 .
  8. S.YIN*, M.KOBAYASHI, and T.SATO, Synthesis and Characterization of Thin Films Consisted of Mixed Valence State Compounds, 6th International Congress on Ceramics (ICC2016), Internationales Congress Center, Dresden, Germany, 2016/8/22, A01 .
  9. M.KOBAYASHI, X. WU, S. YIN, T. SATO, Development of the Optimum Dispersion for Light Shielding Thin Films, The 3rd CWRU-Tohoku Joint Workshop Collaboration on Data Science Engineering, 東北大学, 日本, 2016/8/9, A01 .
  10. Ogino, H. Yakita, H. Tanaka, A. Sala, A. Iyo, H. Eisaki, J. Shimoyama, K. Kishio, Single crystal growth and exploration of new iron-based superconductors in Ca-RE-Fe-As system, ICCGE-18, 名古屋国際会議場(愛知県名古屋市), 日本, 2016/8/8, A01 荻野.
  11. Ryo Kuriki, Osamu Ishitani, Kuzuhiko Maeda, Visible-light-driven CO2 reduction using ruthenium(II) complex/carbon nitride hybrid photocatalysts , The 16th International Congress on Catalysis (ICC 16), China National Convention Center, China, 2016/7/5, A03 前田.
  12. Takayoshi Oshima, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda, Water splitting reaction using restacked KCa2Nb3O10 nanosheets modified with Pt nanoclusters, The 16th International Congress on Catalysis (ICC 16), China National Convention Center, China, 2016/7/5, A03 前田.
  13. Miki INADA, Ryota OKAZAKI, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO, Katsuro HAYASHI, Alkaline activation for the enhancement of capacitive property of carbon spheres synthesized by hydrothermal carbonization process, HTCMC9&GFMAT2016, Toronto Marriott Downtown Eaton Centre Hotel, Canada, 2016/6/28, A02 稲田.
  14. Takahiro. Yoshinari, Yuki. Orikasa, Takuya. Mori, Motoaki. Nishijima, Koji. Ohira, Shogo. Esaki, Toshitsugu. Sueki, Takuya. Ootani, Yuichi. Kamimura, Koji. Ohara, Katsutoshi. Fukuda, and Yoshiharu. Uchimoto , Improved Rate Capability By Dynamic Crystal Structure Change of Co-Substituted LiFePO4 with Reduced Lattice Mismatch, IMLB 2016, Chicago, USA, 2016/6/22, A03 内本.
  15. Takuya. Mori, Kazufumi. Otani, Toshiyuki. Munesada, Takahiro. Yoshinari, Yuki. Orikasa , Yukinori. Koyama , Koji. Ohara, Katsutoshi. Fukuda , Toshiyuki. Nohira , Rika. Hagiwara , and Yoshiharu. Uchimoto , Origin of High Rate Capability of LiFePO4 Investigated By Time-Resolved X-Ray Diffraction at Elevated Temperatures, IMLB 2016, Chicago, USA, 2016/6/22, A03 内本.
  16. J. Xu, J. Ueda, S. Tanabe,  Design of Novel Garnet Persistent Phosphors with red/NIR Persistent Luminescence for the First Bio-imaging Window Based on Tanabe-Sugano (d3) and Host Referred Binding Energy (HRBE) Diagrams, The International Conference on Rare Earths(Rare Earths 2016), Sapporo, Japan, 2016/6/7, A03 田部.
  17. Kazuki Asami, Jumpei Ueda, Setsuhisa Tanabe, Flicker suppression in AC driven white LED lighting system by yellow persistent phosphors of Ce-doped garnet, 15th International Symposium on the Science and Technology of Lighting (LS15), 芝蘭会館 (京都市), 日本, 2016/5/25, A03 田部.

国内学会

2017

  1. ○徳永貴之、上田 純平、田部 勢津久, 希土類イオン添加カルシウムスタネート長残光蛍光体の真空基準束縛エネルギー図の構築によるキャリアトラッピングの考察, 日本セラミックス協会関西支部学術講演会, 京都大学, 2017/7/14, A03 田部.
  2. 北川 裕貴 、上田 純平、 田部 勢津久, YSiO2NにおけるEu3+イオンの赤色発光増強と真空基準結合エネルギーダイアグラムの構築, 複合アニオン化合物の創製と新機能」キックオフミーティング, 福岡, 2017/5/29, A03 田部.
  3. 石牧昂輝・前田和彦, 酸化コバルト修飾酸化チタン光触媒上での水の酸化反応における酸化チタン担体の影響, 119回触媒討論会, 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市), 2017/3/22, A03 前田.
  4. 岡崎めぐみ・前田和彦, 酸化コバルトで修飾したチタン酸塩を光触媒とした水の酸化反応, 119回触媒討論会, 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市), 2017/3/22, A03 前田.
  5. 田中秀幸・前田和彦, 可視光応答型 CoOx /TiO2 電極を用いた水の酸化反応, 119回触媒討論会, 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市), 2017/3/22, A03 前田.
  6. 西岡駿太 ・兵頭潤次 ・山崎仁丈・前田和彦, 酸化物半導体に導入した酸素欠陥の光触媒活性への影響, 119回触媒討論会, 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市), 2017/3/22, A03 前田.
  7. 村岡兼通・石谷治・前田和彦, 可視光 CO2還元反応に活性な Ru(II)二核錯体担持 Ta3N5/SiO2光触媒の調製条件の検討, 119回触媒討論会, 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市), 2017/3/22, A03 前田.
  8. 栗木亮・中島拓哉・石谷治・前田和彦, Ru(II)二核錯体と有機半導体との複合体を光触媒とした水中での可視光駆動型CO2還元反応, 119回触媒討論会, 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市), 2017/3/22, A03 前田.
  9. 三好亮暢・前田和彦, 窒素/フッ素共ドープルチル型酸化チタンの合成およびその光触媒機能, 119回触媒討論会, 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市), 2017/3/22, A03 前田.
  10. ○北川 裕貴、上田 純平、田部 勢津久, 長残光発現に向けた希土類イオン添加YSiO2NのVRBE(Vacuum Referred Binding Energy)ダイアグラムの構築, 日本セラミックス協会 2017年 年会, 東京, 2017/3/18, A03 田部.
  11. 小林 茉莉子、鈴木 義和、後藤 知代、趙 成訓、関野 徹、朝倉 裕介、殷 澍, 可視光応答型SrTiO3基光触媒の合成と環境浄化への応用, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/17, A01 .
  12. 穴田 柚冬、朝倉 裕介、殷 澍, Nb-TiO2(NTO)/Cs33WO3(CWO)複合膜の赤外線遮蔽・光触媒特性, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/17, A01 .
  13. 初鹿野 雅仁、朝倉 裕介、殷 澍, スクリュー状酸化亜鉛の水素ガスセンサ特性, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/17, A01 .
  14. 金澤知器・前田和彦, Fe-Cr 複合酸化物ナノ粒子を用いた水の酸化反応, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A03 前田.
  15. 山下 俊介, 越谷 翔悟, 石塚 和夫, 木本 浩司, STEM-ADF像の定量計測による遷移金属カルコゲナイドの構造解析, 共用・計測 合同シンポジウム2017, 物質・材料研究機構千現地区 研究本館管理棟1階 講堂(茨城県つくば市), 2017/3/9, A02 木本.
  16. Wang, K. Okubo, N. Enomoto, M. Inada, G. Hasegawa, K. Hayashi, Febrication of Na3V2(PO4)3/NASICON bilayer thin film using Na2O-Nb2O5-P2O5 glass additives for all-solid-state solidium ion batteries, 九州大学エネルギーウィーク2017, カーボンニュートラル・エネルギー研究所(I2CER)(福岡市西区), 2017/1/30, A02 .

2016

  1. 髙瀬佳織、西沢均、恩田歩武、柳澤和道、殷?, ソルボサーマ反応によるTi 系複合金属酸化物前駆体の合成, 第23回 ヤングセラミスト・ミーティングin中四国, 岡山, 2016/12/17, A01 .
  2. 岩本直也, 松下純一, 関野徹, 後藤知代, 佐藤次雄, 殷シュウ, チタン基非酸化物の酸化処理により得られるアナターゼ型二酸化チタンの光触媒特性, 16回東北大学多元物質科学研究所研究発表会, 東北大学, 2016/12/10, A01 .
  3. 小松田紫央、朝倉裕介、殷?, N-TiO2/F-TiO2コンポジットの優れた可視光触媒活性, 16回東北大学多元物質科学研究所研究発表会, 東北大学, 2016/12/10, A01 .
  4. 吉成崇宏,折笠有基,濱口直也,北口雄也,山本健太郎,西島主明,福田勝利,内本喜晴, 格子制御したLi(Fe0.95Zr0.05)(P0.9Si0.1)O4の高速充放電特性, 第3回関西電気化学研究会, 大阪府立大学, 2016/12/10, A03 内本.
  5. 加藤愛梨,吉成崇宏,山本健太郎,折笠有基,中西康次,太田 俊明,内本喜晴, リン酸鉄リチウム正極の表面窒化処理によるレート特性向上, 第3回関西電気化学研究会, 大阪府立大学, 2016/12/10, A03 内本.
  6. Hiraku Ogino, Yukari Katsura, Makoto Tatsuda, Kohei Yamanoi, Toshihiko Shimizu, Nobuhiko Sarukura, Kohji Kishio, Development of new optical materials by layered mixed anion compounds, 10回物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会), 神戸大学(兵庫県神戸市), 2016/12/9, A01 荻野.
  7. 野田泰斗,内林渓,宮崎怜雄奈,栗原大,日原岳彦,竹腰清乃理, LiBH4複合化NaILiイオン伝導機構の固体高分解能NMR, 10回物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会), 神戸大学(兵庫県神戸市), 2016/12/9, A02 野田.
  8. 野田泰斗,内林渓,宮崎怜雄奈,栗原大,日原岳彦,竹腰清乃理, 固体NMRによるNaI-LiBH4固溶体のLiイオン伝導機構の解明, 55NMR討論会, 広島国際会議場 (広島県広島市), 2016/11/18, A02 野田.
  9. 内林渓,野田泰斗,竹腰清乃理, 大気非曝露型MASプローブの開発, 55NMR討論会, 広島国際会議場 (広島県広島市), 2016/11/18, A02 野田.
  10. 西見 和真, 稲田 幹, 榎本 尚也, 林 克郎, ナノポーラス結晶12SrO7Al2O3エレクトライドの電子濃度の定量と熱電子放出特性, 6CSJ化学フェスタ2016, タワーホール船堀(東京都江戸川区), 2016/11/15, A02 .
  11. K. Asami, J. Ueda, S. Tanabe, Blue photochromism in Eu2+-Dy3+ codoped barium silicate glass ceramic, CerSJ-GOMD Joint Symposium on Glass Science and Technologies (第57回ガラスおよびフォトニクス材料討論会), 京都大学, 2017/11/14, A03 田部.
  12. 加藤愛梨、吉成崇宏、山本健太郎、森拓弥、折笠有基、中西康次、太田 俊明、内本喜晴, 薄膜モデル電極を用いた表面窒化LiFePO4正極反応の高速化, 立命館大学SRセンター公開シンポジウム, 立命館大学くさつキャンパス, 2016/11/11, A03 内本.
  13. 吉成 崇宏、折笠 有基、山本 健太郎、西島 主明、大平 耕司、江崎 正悟、.
  14. 末木 俊次、上村 雄一、福田 勝利、内本 喜晴, 元素置換により格子体積差を縮小したLiFePO4の高速充放電特性, 立命館大学SRセンター公開シンポジウム, 立命館大学くさつキャンパス, 2016/11/11, A03 内本.
  15. Jumpei Ueda, Setsuhisa Tanabe, Investigation of persistent luminescence mechanism in SrAl2O4:Eu2+-Dy3+ by vacuum referred binding energy diagram, UVSORシンポジウム2016, 岡崎コンファレンスセンター( 愛知県岡崎市), 2016/10/29, A03 田部.
  16. 淺見 一喜、上田 純平、北浦 守、田部 勢津久, Ce3+添加Gd3(Al, Ga)5O12エネルギー準位図の構築による消光原因と長残光機構の解明, UVSORシンポジウム2016, 岡崎コンファレンスセンター( 愛知県岡崎市), 2016/10/29, A03 田部.
  17. 末本祐也、鱒渕友治、吉川信一, SrOを過剰に含むペロブスカイト誘電体酸窒化物SrTaO2Nの合成と構造変化, 平成28年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会, 北海道大学フロンティア応用科学研究棟(北海道札幌市), 2016/10/27, A01 鱒渕.
  18. 今村友信, 牛山浩, 山下晃一, 「改良Basin-Hopping法を用いた反応中間体の構造探索」, 10回分子科学討論会2016, 神戸ファッションマート(兵庫県神戸市), 2016/9/13, A03 牛山.
  19. 倉橋駿介、牛山浩、山下晃一, Naイオン二次電池負極材料MXeneに関する理論的研究」, 10回分子科学討論会2016, 神戸ファッションマート(兵庫県神戸市), 2016/9/13, A03 牛山.
  20. 児玉涼介,Arabnejad Saeid,牛山浩,山下晃一, Naイオン電池負極材料Snにおける充放電過程の理論的研究」, 10回分子科学討論会2016, 神戸ファッションマート(兵庫県神戸市), 2016/9/13, A03 牛山.
  21. 矢田 叶美, 川上 隆輝, 村川 佳香, 山本 隆文, 陰山 洋, Sr(Fe0.8Co0.2)O2Sr(Fe0.8Mn0.2)O2の高圧下電気抵抗測定, 日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学角間キャンパス (石川県金沢市), 2016/9/13, A01 陰山.
  22. Zhao, S.Yin, Preparation and Properties of Phenol Imprinted Polymers Based on Silica Modified Multi-Walled Carbon Nanotubes, 化学系7学会東北地方研究発表会, いわき、福島, 2016/9/10, A01 .
  23. Jimin Fan, Zhihuan Zhao, Yongqiang Xueand Shu YIN, Solvothermal synthesis of different phase N?TiO2 and their behavior on adsorption of methyl orange, 化学系7学会東北地方研究発表会, いわき、福島, 2016/9/10, A01 .
  24. Chang, Y. Cui and S. YIN, Wettability and Adsorption of PTFE and Paraffin surfaces by aqueous solutions of biquaternary ammonium salt Gemini surfactants with hydroxyl, 化学系7学会東北地方研究発表会, いわき、福島, 2016/9/10, A01 .
  25. ○許 健、上田 純平、田部 勢津久, Design of novel garnet persistent phosphors with red/NIR persistent luminescence for the first bio-imaging window,  日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学, 2016/9/8, A03 田部.
  26. ○牧 遼明、上田 純平、田部 勢津久, Eu2価添加カルシウムシリケート長残光蛍光体の蓄光およびデトラップ過程の機構解明,  日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学, 2016/9/8, A03 田部.
  27. ○宮野 隼、上田 純平、田部 勢津久, Ce3+, Yb3+共添加YAGG透光性セラミックスの残光特性評価,  日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学, 2016/9/8, A03 田部.
  28. ○村田 大輔、許 健、上田 純平、田部 勢津久, 残光エネルギーを利用したガーネット蛍光体の近赤外発光特性評価,  日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学, 2016/9/8, A03 田部.
  29. 荻野拓、越水正典、柳田健之、岸尾光二, 層状酸ハロゲン化物蛍光体の真空紫外励起発光特性, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 荻野.
  30. 土屋貫太郎, ホウ化物単結晶における増強された熱電特性, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A03 .
  31. Kanemichi Muraoka, Hiromu Kumagai, Miharu Eguchi, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda, Z-scheme CO2 reduction using a hybrid of a yttrium-tantalum oxynitride and a binuclear Ru(II) complex, 2016年光化学討論会, 東京大学駒場キャンパス, 2016/9/6, A03 前田.
  32. 村岡兼通・熊谷啓・江口美陽・石谷治・前田和彦 , Y-Ta 複合酸窒化物と Ru(II)二核錯体との複合体を光触媒とした Z スキーム型 CO2 還元, 35回光がかかわる触媒化学シンポジウム, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 2016/6/10, A03 前田.
  33. 大島崇義・前田和彦, 層状ペロブスカイト構造を有するタンタル系酸窒化物の合成とその光触媒活性, 35回光がかかわる触媒化学シンポジウム, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 2016/6/10, A03 前田.
  34. 西岡駿太・兵頭潤次・山方啓・山崎仁丈・前田和彦, 酸素欠陥濃度を制御した不定比 SrTiO3-δ の水分解光触媒活性, 35回光がかかわる触媒化学シンポジウム, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 2016/6/10, A03 前田.
  35. 金澤知器・前田和彦, 光化学的手法により調製した Fe-Cr 混合酸化物ナノ粒子を助触媒とした水の酸化反応, 35回光がかかわる触媒化学シンポジウム, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 2016/6/10, A03 前田.

ポスター発表

国際学会

2017

  1. Ryo Kuriki, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda, Visible-light-response photocatalytic systems for CO2 reduction using a hybrid of carbon nitride and a Ru(II) complex, 22nd International Symposium on Photochemistry and Photophysics of Coordination Compounds, St. Catherine’s College, UK,  2017/7/10, A03 前田.
  2. Takayoshi Oshima, Kanemichi Muraoka, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda, Photocatalytic performance of Li2LaTa2O6N layered oxynitride for H2 evolution and CO2 reduction, The 16th Korea–Japan Symposium on Catalysis, 札幌 かでる2・7, Japan, 2017/5/15, A03 前田.
  3. Kanemichi Muraoka, Hiromu Kumagai1, Miharu Eguchi, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda, Hybrid Photocatalyst Constructed with an Yttrium-Tantalum Oxynitride and a Binuclear Ru(II) Complex for Visible Light CO2 Reduction, The 16th Korea–Japan Symposium on Catalysis, 札幌 かでる2・7, Japan, 2017/5/15, A03 前田.
  4. Shunta Nishioka, Junji Hyodo, Akira Yamakata, Yoshihiro Yamazaki and Kazuhiko Maeda, Photocatalytic Activity of Oxygen Deficient SrTiO3-δ Prepared by Reduced Atmosphere Calcination, The 16th Korea–Japan Symposium on Catalysis, 札幌 かでる2・7, Japan, 2017/5/15, A03 前田.
  5. Hideyuki Tanaka and Kazuhiko Maeda, Visible-light Activation of TiO2 Photoanode by Loading CoOx, The 16th Korea–Japan Symposium on Catalysis, 札幌 かでる2・7, Japan, 2017/5/15, A03 前田.
  6. Tom Ichibha, Zhufeng Hou, Kenta Hongo, Ryo Maezono, Essential factor for DFT predictions of relative energies in FePc: A Diffusion Monte Carlo study, APS March Meeting 2017, New Orleans Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, Louisian, USA, USA, 2017/3/17, A01 本郷.
  7. Ryo Maezono, Kenta Hongo, Diffusion Monte Carlo method for evaluating Hamaker constants, APS March Meeting 2017, New Orleans Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, Louisian, USA, USA, 2017/3/16, A01 本郷.
  8. Kenta Hongo, Kousuke Nakano, Ryo Maezono, Phonon-induced superlattice structures in titanium-oxypnictides superconductors, APS March Meeting 2017, New Orleans Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, Louisian, USA, USA, 2017/3/15, A01 本郷.
  9. Katsuro HAYASHI, Hydride Ion Doping in Hydroxyapatite, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/19, A02 .
  10. Kazunari SHIMA, Kei KAWAHARA, Kazuma NISHIMI, George HASEGAWA, Miki INADA, Katsuro HAYASHI, Transition metal doping into Ti3AlC2 to fabricate new composition transition metal carbide nanosheet with anionic Functional groups, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/19, A02 .
  11. A.HERMAWAN, Y. ASAKURA, S. YIN, Morphology Controlled Aluminium Nitride Powders Prepared via Direct Nitridation Method, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 .
  12. J.AN, Z. ZHAO, H. CHANG, Y. ASAKURA, S. YIN*, Synthesis of Ag3PO4/g-C3N4 Nanocomposite and its Photocatalytic DeNOx Activity, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 .
  13. Akira Hosono, Yuji Masubuchi and Shinichi Kikkawa, Additive sintering and post-annealing of dielectric BaTaO2N oxynitride perovskite, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 鱒渕.
  14. Takafumi Yamamoto, Collapse Transition in Early Transition Metal Pnictide, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 陰山.
  15. Takayoshi Oshima, Synthesis of layered oxynitride Li2LaTa2O6N andits photocatalytic activity , ISPED 2017, Okinawa, Japan, 2017/2/19, A03 前田.
  16. Kanemichi Muraoka, Z-scheme CO2 reduction by hybrid materials constructed with an yttrium-tantalum oxynitride and a binuclear Ru(II) complex, ISPED 2017, Okinawa, Japan, 2017/2/19, A03 前田.
  17. Hiroshi Kageyama, Novel Functions in Mixed Anion Compounds, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 陰山.
  18. Hiraku Ogino, Makoto Tatsuda, Takuya Kitamura, Takayuki Yanagida, Kohji Kishio, Development of layered mixed anion compounds as new candidates for phosphor materials, The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A01 荻野.
  19. Takafumi Yamamoto, Zhi Li, Takateru Kawakami, Takeshi Yajima, Takami Tohyama, Hiroshi Kageyama, Collapse transition in early transition metal pnictide (20 min), The 18th International Symposium on Eco-materials Processing and Design (ISEPD2017), 沖縄自治会館(沖縄県那覇市), 日本, 2017/2/18, A02 山本.
  20. Shima, K. Kawahara, M. Inada, N. Enomoto, K. Hatyashi, Transition metal(Cr, Mn, and Fe)doping into Ti3AlC2 to fabricate doped-Mxene, 41st International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites, Hilton Daytona Beach and Oceancenter (Daytona Beach, USA), USA, 2017/1/24, A02 .
  21. Ogino, A. Sala, H. Tanaka, K. Kishio, Y. Gotoh, K. Kataoka, A. Iyo, H Eisaki, Synthesis and physical properties of in new iron-based compound EuFeAs2, Electronic Materials and Applications EMA2017, Doubletree Hotel (Florida, USA), USA, 2017/1/20, A01 荻野.
  22. Tomoko Yoshida, Satoshi Niimi, Muneaki Yamamoto, Shinya Yagi, Effective Nitrogen Doping into TiO2 for Visible Light Response Photocatalysis by Ion Implantation Technique, 44th Conference on the Physics and Chemistry of Surface and Interface, LaFonda on the Plaza (Santa Fe), USA, 2017/1/16, A02 吉田.

2016

  1. Ogino, A. Sala, H. Tanaka, K. Kishio, Y. Gotoh, K. Kataoka, A. Iyo, H Eisaki, New iron-based superconductor (Eu, La)FeAs2, 29th International Superconductivity Symposium (ISS2016), 東京国際フォーラム(東京都千代田区), 日本, 2016/12/14, A01 荻野.
  2. Ogino, Kyohei Nakamura, J. Shimoyama, K. Kishio, Control of structure and oxygen content in iron-based superconductors.
  3. with thick blocking layers, Workshop on “Solid-state chemistry for oxide and mixed-anion systems”, 京都大学化学研究所(京都府宇治市), 日本, 2016/12/7, A01 荻野.
  4. 本郷研太、前園涼, Large-scale first-principles simulations using massively paralle computers, JSPS Core-to-Core 国際共同研究ワークショップ, 京都大学宇治キャンパス(京都府京都市), 日本, 2016/12/6, A01 本郷.
  5. Hiroshi Kageyama, Introduction of “Mixed Anion” Project, Solid-state chemistry for transition-metal oxides and mixed anion oxides: Exploring for new?materials with novel functionalities, 京都大学, 日本, 2016/12/6, A01 陰山.
  6. Takafumi Yamamoto, High compressibility of hydride ion in oxyhydrides, Solid-state chemistry for transition-metal oxides and mixed anion oxides: Exploring for new?materials with novel functionalities, 京都大学, 日本, 2016/12/6, A01 陰山.
  7. Fumitaka Takeiri, Fluorine-rich perovskite oxyfluoride, Solid-state chemistry for transition-metal oxides and mixed anion oxides: Exploring for new?materials with novel functionalities, 京都大学, 日本, 2016/12/6, A01 陰山.
  8. Hiroki Okamoto, Hydride exchange and solid basicity of BaTiO3-x Hx, Solid-state chemistry for transition-metal oxides and mixed anion oxides: Exploring for new?materials with novel functionalities, 京都大学, 日本, 2016/12/6, A01 陰山.
  9. Takafumi Yamamoto, Michael A. Hayward, Hiroshi Kageyama, High compressibility of hydride ion in Oxyhydrides, Workshop on “Solid-state chemistry for oxide and mixed-anion systems”, 京都大学, 日本, 2016/12/6, A02 山本.
  10. Kazuki Asami, Jumpei Ueda, Setsuhisa Tanabe, Blue photochromism in Eu2+-Dy3+ codoped barium silicate glass ceramic, CerSJ-GOMD Joint Symposium on Glass Science and Technologies/57回ガラスおよびフォトニクス材料討論会, 京都大学 国際科学イノベーション棟 (京都府京都市), 日本, 2016/11/15, A03 田部.
  11. Ryomei Maki, Jumpei Ueda, Setsuhisa Tanabe, Design of novel orange persistent phosphors in Ca3Si2O7: Eu2+ by co-doping the lanthanide ions as electron traps, CerSJ-GOMD Joint Symposium on Glass Science and Technologies/58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会, 京都大学 国際科学イノベーション棟 (京都府京都市), 日本, 2016/11/14, A03 田部.
  12. Daichi Kato, A stable oxyhalide photocatalyst Bi4NbO8Cl and its related compounds, Kyoto-Krakow Symposium on Materials Science, 京都大学, 日本, 2016/8/2, A01 陰山.
  13. Yuya Ikeuchi, High Pressure Synthesis and Electronic Properties of Tungsten Bronze Oxides, Kyoto-Krakow Symposium on Materials Science, 京都大学, 日本, 2016/8/2, A01 陰山.
  14. Jian Xu, Jumpei Ueda, Setsuhsia Tanabe, Near-infrared Long Persistent Luminescence of Er3+ in Garnets for the Third Bio-imaging Window, Phosphor Safari 2016, Hong Kong Baptist University, Hong Kong, 2016/11/28, A03 田部.
  15. Taito Murakami, HfMnSb2: A metal-ordered NiAs-type Pnictide with a Conical Spin Order, Kyoto-Krakow Symposium on Materials Science, 京都大学, 日本, 2016/8/2, A01 陰山.
  16. Cedric Tassel, High Pressure Synthesis, Structure, and Properties of Mixed Anion Perovskites , Kyoto-Krakow Symposium on Materials Science, 京都大学, 日本, 2016/8/2, A01 陰山.
  17. Hiroshi Takatsu, Quadrupole Order and Spin Liquid States in the Frustrated Pyrochlore Tb2Ti2O7, Kyoto-Krakow Symposium on Materials Science, 京都大学, 日本, 2016/8/2, A01 陰山.
  18. Takayoshi Oshima, Kazuhiko Maeda, Deposition of small noble metal particles on KCa2Nb3O10 restacked nanosheet and the photocatalytic activity, SPIE Optics+ Photonics for Sustainable Energy 2016, San Diego Convention Center, (San Diego, USA), USA, 2016/8/31, A03 前田.
  19. S.YIN, X.WU, J. MATSUSHITA, T. SATO, Enhanced deNOx?Activity of Composite Type Photocatalytic Materials, The 4th International Symposium on Rare Earth Resource Utilization(ISRERU-4) & The 7th International Symposium on Functional Materials (ISFM-7), TEM Session, Changchun, China, 2016/8/19, A01 .
  20. Jian Xu, Jumpei Ueda, Setsuhsia Tanabe, Design of Novel Garnet Persistent Phosphors with red/NIR Persistent Luminescence for the First Bio-imaging Window Based on Tanabe-Sugano (d3) and Host Referred Binding Energy (HRBE) Diagrams, The International Conference on Rare Earths(Rare Earths 2016), 北海道大学(北海道札幌市), 日本, 2016/6/9, A03 田部.

国内学会

2017

  1. 小野塚 智也, 近松 彰, 片山 司, 廣瀬 靖, 原山 勲, 関場 大一郎, 池永 英司, 簑原 誠人, 組頭 広志, 長谷川 哲也, トポタクティックフッ素導入/酸素アニールによるNdNiO3薄膜の可逆的抵抗制御, 日本表面科学会第2回関東支部講演大会, 東京大学(東京都文京区), 2017/4/8, A03 長谷川.
  2. 山本健太郎,加藤愛梨,吉成崇宏,折笠有基,中西康次,太田俊明,内本喜晴, 表面窒化LiFePO4正極/電解質界面における相転移反応機構の解明, 84回電気化学会, 首都大学東京, 2017/3/25, A03 内本.
  3. 八島 正知、藤井 孝太郎、丹羽 栄貴, 複合アニオン化合物とイオン伝導体の構造科学, 平成28年度 第3回班間/班内連携強化会議, 九州大学 西新プラザ, 2017/3/23, A02 八島.
  4. 大島崇義・前田和彦, KCa2Nb3O10 ナノシートを用いた Pt ナノクラスター担持とその光触媒特性, 119回触媒討論会, 首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市), 2017/3/21, A03 前田.
  5. 嶋 一成,長谷川 丈二,稲田 幹,榎本 尚也、林 克郎, 金属炭化物ナノシートMXeneへの遷移金属元素ドーピング, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/19, A02 .
  6. 細野新、鱒渕友治、吉川信一、永峰佑起、芝原豪, 酸窒化物ペロブスカイトBaTaO2Nの熱安定性と焼結体の誘電性, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/19, A01 鱒渕.
  7. 陰山 洋, 複合アニオン系合成の展望, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/19, A01 陰山.
  8. 池内勇哉, 高津 浩, Cedric Tassel, 後藤能宏, 村上泰斗, 陰山 洋, タンク?ステン酸化物の高圧合成・構造・電子物性, 日本物理学会2017年春季大会, 大阪大学, 2017/3/19, A01 陰山.
  9. 宮野 隼、上田 純平、田部 勢津久, Eu3+を電子トラップとするGd3Ga5O12:Ln3+-Eu3+(Ln3+=Tb3+, Pr3+)新規長残光蛍光体の開発と残光特性, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/19, A03 田部.
  10. 村田 大輔、許 健、上田 純平、田部 勢津久, 第三生体窓に残光を示すEr3+添加LaAlO3蛍光体の開発とその残光特性, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/19, A03 田部.
  11. 北川 裕貴、上田 純平、田部 勢津久, 長残光発現に向けた希土類イオン添加YSiO2NVRBE(Vacuum Referred Binding Energy)ダイアグラムの構築, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/19, A03 田部.
  12. 小松田 紫央、朝倉 裕介、殷 澍, N-TiO2/F-TiO2コンポジットの可視光触媒活性の向上, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/18, A01 .
  13. A.HERMAWAN, Y.ASAKURA, and S.YIN, Preparation of Morphology Controlled Aluminium Nitride Powders from AlOOH Precursor, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/18, A01 .
  14. 竹入 史隆、山本隆文、細川 三郎、林 直顕、池田 一貴、本田 孝志、大友 季哉、タッセル セドリック、小林 洋治、陰山 洋 , 新規ペロブスカイト型鉄酸フッ化物, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/18, A01 陰山.
  15. 千葉 裕介, 齋藤 美和, 高津 浩, 陰山 洋, 本橋 輝樹, スヒ?ネル型チタン酸化物の電気化学的結晶育成と物性, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/18, A01 陰山.
  16. Ryo Kuriki, Akira Yamakata, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda, Visible-light-driven photocatalytic CO2 reduction reaction using hybrid with an organic semiconductor and a Ru(II) binuclear complex, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/18, A03 前田.
  17. 和田啓佑・石谷治・前田和彦, Ru(II)-Re(I)二核錯体とTiO2/C3N4からなるハイブリッド光触媒を用いた可視光駆動CO2還元, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/18, A03 前田.
  18. 村岡兼通・石谷治・前田和彦, 可視光に応答してCO2還元反応を駆動するRu(II)二核錯体担持Ta3N5/SiO2光触媒の調製条件の検討, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/18, A03 前田.
  19. 安永拓矢, 佐藤大典, 加藤英樹, 小林亮, 垣花眞人, 新規Ba-Y-Si-O-N化合物の合成とEu2+賦活による発光特性, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/18, A01 垣花.
  20. 鱒渕友治、宮本優子、吉川信一, 非晶質酸窒化物薄膜からの窒化物ナノ粒子の析出挙動, 日本セラミックス協会 2017年年会, 日本大学駿河台キャンパス(東京都千代田区), 2017/3/17, A01 鱒渕.
  21. 山本 隆文, Michael A. Hayward, 陰山 洋, 複合アニオン化合物におけるヒドリドイオンの高圧特性, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A01 陰山.
  22. MURAKAMI, Taito; YAMAMOTO, Takafumi; TAKATSU, Hiroshi; KAGEYAMA, Hiroshi, Synthesis and Dimensionality Control of HfMnSb2 with Metal Ordered NiAs Structure, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A01 陰山.
  23. 加藤 大地, 山本 隆文, 国奥 広伸, 東 正信, 阿部 竜, 陰山 洋, 酸塩化物光触媒Bi4NbO8Clの特異なバンド構造の起源, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A01 陰山.
  24. 中山 亮, 前里光彦, 吉宗 航, 山本隆文, 陰山 洋, 寺嶋孝仁, 北川 宏, 水素イオンヒ?ーム照射によるチタン酸ストロンチウムの物性制御, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A01 陰山.
  25. 山本 隆文, Michael A. Hayward, 陰山 洋, 複合アニオン化合物におけるヒドリドイオンの高圧特性, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A02 山本.
  26. 三好亮暢・前田和彦, 窒素/フッ素共ドープによるルチル型酸化チタンの可視光応答化, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A03 前田.
  27. 岡崎めぐみ・前田和彦, チタン酸塩に酸化コバルトを修飾した光触媒による可視光照射下での水の酸化反応, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A03 前田.
  28. 田中秀幸・前田和彦, 酸化コバルト担持酸化チタン電極の光電気化学特性, 97回日本化学会春季年会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市), 2017/3/17, A03 前田.
  29. 松石聡,小畑由紀子,細野秀雄, 水素置換LaMnAsOの磁気特性と 電子構造の解析, 応用物理学会春季年会, パシフィコ横浜 (神奈川県横浜市), 2017/3/15, A03 松石.
  30. Vitchaphol Motaneeyachart, Yasushi Hirose, Atsushi Suzuki, Shoichiro Nakao, Tetsuya Hasegawa, Pulsed laser deposition and characterization of NbON epitaxial thin films, 64回応用物理学会春季学術講演会, パシフィコ横浜 (神奈川県横浜市), 2017/3/14, A03 長谷川.
  31. 椎名 孝明, 近松 彰, 簑原 誠人, 組頭 広志, 長谷川 哲也, ポリフッ化ビニリデンを用いたSrCeO3薄膜の還元的フッ素化反応, 64回応用物理学会春季学術講演会, パシフィコ横浜 (神奈川県横浜市), 2017/3/14, A03 長谷川.
  32. 倉内 裕史, 神坂 英幸, 近松 彰, 長谷川 哲也, 層状ルテニウム酸フッ化物Sr2RuO3F2の第一原理計算, 64回応用物理学会春季学術講演会, パシフィコ横浜 (神奈川県横浜市), 2017/3/14, A03 長谷川.
  33. 小野塚 智也, 近松 彰, 片山 司, 廣瀬 靖, 原山 勲, 関場 大一郎, 池永 英司, 簑原 誠人, 組頭 広志, 長谷川 哲也, トポタクティックフッ素導入/酸素アニールによるNdNiO3薄膜の可逆的, 64回応用物理学会春季学術講演会, パシフィコ横浜 (神奈川県横浜市), 2017/3/14, A03 長谷川.
  34. 松石 聡, 金属元素のアニオンを含む複合アニオン化合物の電子構造と物性, 第2回材料設計討論会, 東京工業大学すずかけ台キャンパス(神奈川県横浜市), 2017/3/7, A03 松石.
  35. 吉成崇宏,西島主明,山本健太郎,福田勝利,前田和彦,陰山洋,折笠有基,内本喜晴, アニオンを含む異種元素置換LiFePO4の高入出力特性, 2016年度固体化学の新しい指針を探る研究会 若手による発表の会, 日大文理学部, 2017/3/3, A03 内本.
  36. 八島正知,藤井孝太郎,日比野圭佑,丹羽栄貴, 複合アニオン化合物の構造解析と構造物性, 「新学術領域研究」複合アニオン化合物の創製と新機能 第1回領域内会議, 学習院大学 学習院創立百周年記念会館小講堂および会議室, 2017/1/17, A02 八島.
  37. 日比野圭佑,藤井孝太郎,丹羽栄貴,八島正知, 新規金属酸窒化物BaTaO2N-SrWO2Nの光触媒活性, 「新学術領域研究」複合アニオン化合物の創製と新機能 第1回領域内会議, 学習院大学 学習院創立百周年記念会館小講堂および会議室, 2017/1/17, A02 八島.
  38. 海野航・藤井孝太郎・丹羽栄貴・山本直紀・三宮工・八島正知, Ca2R3Ta3O14(R = Y, Ho, Dy)の電気的特性および結晶構造, 「新学術領域研究」複合アニオン化合物の創製と新機能 第1回領域内会議, 学習院大学 学習院創立百周年記念会館小講堂および会議室, 2017/1/17, A02 八島.
  39. 中村 圭吾,藤井孝太郎,丹羽栄貴,八島正知, 新型酸化物イオン伝導体BaZnHo2O5の発見, 「新学術領域研究」複合アニオン化合物の創製と新機能 第1回領域内会議, 学習院大学 学習院創立百周年記念会館小講堂および会議室, 2017/1/17, A02 八島.
  40. 髙瀬佳織、西沢均、恩田歩武、柳澤和道、殷?, ソルボサーマル反応によるMTiO3(M = Ni, Co, Zn)前駆体の合成, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/13, A01 .
  41. 小林幹彦、朝倉裕介、殷シュウ、佐藤次雄, 赤外光遮蔽セラミックス材料を用いた透明薄膜の調製とマートウィンドウへの応用, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/13, A01 .
  42. 立野康太、鱒渕友治、吉川信一, 岩塩型酸窒化ニオブの超伝導特性への格子欠陥導入による影響, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/13, A01 鱒渕.
  43. 松本喜幸、鱒渕友治、吉川信一, 粒界にアルミナが析出した“a”-Fe16N2”複合粉体の合成と磁気特性, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/13, A01 鱒渕.
  44. 山内亮二、鱒渕友治、吉川信一, FePtをコアとした“a”-Fe16N2”被覆複合粒子の微細構造と磁性, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/13, A01 鱒渕.
  45. 只木幹也、鱒渕友治、吉川信一, 窒化炭素C3N4を窒素源とする酸窒化物SrTaO2Nの合成とその反応機構, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/13, A01 鱒渕.
  46. 大久保 圭祐, 稲田 幹, 長谷川 丈二, 榎本 尚也, 林 克郎, 焼結助剤によるテープキャストNASICON膜の緻密化, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/12, A02 .
  47. 河原 圭, 稲田 幹, 長谷川 丈二, 榎本 尚也, 林 克郎, MAX相化合物を前駆体とした硫黄/炭素複合材料の合成およびNaイオン電池における充放電挙動の評価, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/12, A02 .
  48. 豊村 直人, 長谷川 丈二, 稲田 幹, 林 克郎, ジルコン酸ナトリウムランタンセラミックスの作製と電気的特性, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/12, A02 .
  49. 守谷 静香, 稲田 幹, 長谷川 丈二, 榎本 尚也, 林 克郎, ハイドロガーネット前駆体の液相合成とC12A7エレクトライドの作製, 55回セラミックス基礎科学討論会, 岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市), 2017/1/12, A02 .

2016

  1. 林 克郎, 酸化物ホスト中のヒドリド(H-)イオンの化学, 10回物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会), 神戸大学(兵庫県神戸市), 2016/12/9, A02 .
  2. 吉成 崇宏, 濱口 直也, 折笠 有基, 山本 健太郎, 西島 主明, 福田 勝利, 内本 喜晴, アニオン置換LiFePO4の高速充放電特性, 10回物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会), 神戸大学(兵庫県神戸市), 2016/12/9, A03 内本.
  3. 加藤愛梨、吉成崇宏、山本健太郎、森拓弥、折笠有基、中西康次、太田 俊明、内本喜晴, 表面窒化LiFePO4正極の界面反応構解明, 10回物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会), 神戸大学(兵庫県神戸市), 2016/12/9, A03 内本.
  4. 土屋貫太郎, YbB66単結晶試料の熱電的性質と磁性と比熱の解析, 11回日本フラックス成長研究発表会, 東北大学金研, 2016/12/9, A03 .
  5. 髙瀬佳織、西沢均、恩田歩武、柳澤和道、殷?、陶節, チタングリコレート錯体結晶の合成, 11回日本フラックス成長研究発表会, 東北大学, 2016/12/8, A01 .
  6. 野田泰斗,内林渓,宮崎怜雄奈,栗原大,日原岳彦,竹腰清乃理, 固体NMRによるNaI-LiBH4固溶体におけるLiイオン伝導機構の解析, 42回固体イオニクス討論会, 名古屋国際会議場 (愛知県名古屋市), 2016/12/7, A02 野田.
  7. 〇吉成崇宏、折笠有基、山本健太郎、西島主明、大平耕司、江崎正悟、末木俊次、上村雄一、福田勝利、内本喜晴, 格子体積制御に基づく LiFePO4の高速充放電反応機構, 42回固体イオニクス討論会, 名古屋国際会議場, 2016/12/6, A03 内本.
  8. 加藤愛梨,吉成崇宏,山本健太郎,森拓弥,折笠有基,中西康次,太田俊明,, 薄膜モデル電極を用いた表面窒化LiFePO4正極の相転移機構解明, 57回電池討論会, 幕張メッセ, 2016/11/30, A03 内本.
  9. 山本 梨乃,吉成 崇宏,山本 健太郎,森 拓弥,折笠 有基,西島 主明,大平 耕司,江崎 正悟,末木 俊次,上村 雄一,福田 勝利,内本 喜晴, 格子歪制御に伴うLiFePO4の非平衡挙動変化と出力特性への影響, 57回電池討論会, 幕張メッセ, 2016/11/30, A03 内本.
  10. 八島 正知、藤井 孝太郎、丹羽 栄貴, 複合アニオン化合物の構造解析と構造物性, 平成28年度 第2回班間/班内連携強化会議, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区), 2016/11/29, A02 八島.
  11. 村岡兼通・熊谷 啓・江口美陽・石谷 治・前田和彦, Ta系酸窒化物とRu(II)二核錯体との複合体を光触媒としたCO2 還元反応, 35回固体・表面光化学討論会, 室蘭工業大学(室蘭市), 2016/11/21, A03 前田.
  12. 保田 晃太郎、上田 純平、田部 勢津久, Pr3+添加SrTiO3蛍光体へのAl3+共添加による発光特性の変化, CerSJ-GOMD Joint Symposium on Glass Science and Technologies/59回ガラスおよびフォトニクス材料討論会, 京都大学 国際科学イノベーション棟 (京都府京都市), 2016/11/13, A03 田部.
  13. 澍、福井 早紀、佐藤 次雄, 溶液プロセスによる配向性酸化亜鉛薄膜の調製, 2016年度セラミックス総合研究会, 京都市左京区関西セミナーハウス修学院きらら山荘, 2016/11/10, A01 .
  14. アンガヘルマワン、外川大海、藤井瑞保、殷?、佐藤次雄, アンモニアガスでの直接窒化による形態制御可能な窒化アルミニウムの合成, 無機マテリアル学会第133回講演会, 東北大学, 2016/11/10, A01 .
  15. 小林幹彦、殷シュウ、佐藤次雄, 紫外・赤外光遮蔽セラミックス材料を用いた分散液および透明薄膜の調製, 無機マテリアル学会第133回講演会, 東北大学, 2016/11/10, A01 .
  16. 稲田幹、岡崎亮太、榎本尚也、林克郎, 水熱炭化カーボンスフィアの アルカリ賦活による細孔構造変化と キャパシタ特性, 30回日本吸着学会研究発表会, 長崎大学 文教キャンパス, 2016/11/10, A02 稲田.
  17. 内田 康博, 稲田 幹, 榎本 尚也, 林 克郎, NASICONセラミックス固体金属Na界面の輸送特性, 平成28年度九州支部秋季合同研究発表会, 長崎大学文教キャンパススカイホール(長崎県長崎市), 2016/11/4, A02 .
  18. 松本喜幸、鱒渕友治、吉川信一, アモルファスアルミナが共存する“a”-Fe16N2”の合成と磁気特性, 平成28年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会, 北海道大学フロンティア応用科学研究棟(北海道札幌市), 2016/10/27, A01 鱒渕.
  19. 細野新、鱒渕友治、吉川信一, ペロブスカイト型酸窒化物誘電体SrTaO2NにおけるHIP焼結の効果, 平成28年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会, 北海道大学フロンティア応用科学研究棟(北海道札幌市), 2016/10/27, A01 鱒渕.
  20. 荻野 拓, 多元系複合アニオン化合物の合成, 「新学術領域研究」複合アニオン化合物の創製と新機能 第一回トピカル会議(新物質合成), 産業技術総合研究所(茨城県つくば市), 2016/10/24, A01 荻野.
  21. 鱒渕友治, 新規酸窒化物の合成, 「新学術領域研究」複合アニオン化合物の創製と新機能 第一回トピカル会議(新物質合成), 産業技術総合研究所(茨城県つくば市), 2016/10/24, A01 鱒渕.
  22. 陰山 洋, 複合アニオンの合成の現状と展望, 「新学術領域研究」複合アニオン化合物の創製と新機能 第一回トピカル会議(新物質合成), 産業技術総合研究所(茨城県つくば市), 2016/10/24, A01 陰山.
  23. 松石聡, 酸水素化物複合アニオン化合物の高圧合成, 「新学術領域研究」複合アニオン化合物の創製と新機能 第一回トピカル会議(新物質合成), 産業技術総合研究所(茨城県つくば市), 2016/10/24, A03 松石.
  24. 、佐藤 次雄, 溶液プロセスによる酸化セリウムマイクロ構造体の作製と評価, 2016年秋季講演大会[159]日本金属学会講演大会, 大阪, 2016/9/22, A01 .
  25. 栗木亮・松永大典・中島拓哉・山方啓・石谷治・前田和彦, 有機半導体と金属錯体との複合体を光触媒とした可視光駆動型 CO2 還元光触媒反応, 118回触媒討論会, 岩手大学(盛岡市), 2016/9/22, A03 前田.
  26. 和田啓佑・石谷治・前田和彦, 金属酸化物修飾カーボンナイトライド/Ru(II)-Re(I)二核錯体ハイブリッド光触媒による CO2 還元反応, 118回触媒討論会, 岩手大学(盛岡市), 2016/9/22, A03 前田.
  27. 村岡兼通・石谷治・前田和彦, 広域可視光を吸収して CO2 を還元する Ru(II)二核錯体担持 Ta3N5/SiO2複合光触媒, 118回触媒討論会, 岩手大学(盛岡市), 2016/9/22, A03 前田.
  28. 大島崇義・前田和彦, タンタル系層状酸窒化物の合成とその光触媒特性, 118回触媒討論会, 岩手大学(盛岡市), 2016/9/21, A03 前田.
  29. 西岡駿太 ・兵頭潤次 ・山方啓 ・山崎仁丈 ・前田和彦, 酸素欠損型不定比SrTiO3-δ の水分解光触媒活性, 118回触媒討論会, 岩手大学(盛岡市), 2016/9/21, A03 前田.
  30. 石牧昂輝・前田和彦, コバルト化合物で修飾した酸化チタンを光触媒とした可視光照射下での水の酸化反応, 118回触媒討論会, 岩手大学(盛岡市), 2016/9/21, A03 前田.
  31. 金澤知器・前田和彦, Fe2-x Crx O3 ナノ粒子を用いた水の光酸化反応, 118回触媒討論会, 岩手大学(盛岡市), 2016/9/21, A03 前田.
  32. 村上 泰斗, 山本 隆文, 高津 浩, 陰山 洋, 層状秩序型NiAs型構造を持つ磁性体HfMnSb2の次元性制御, 日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学角間キャンパス (石川県金沢市), 2016/9/16, A01 陰山.
  33. 本郷研太、池端久貴、磯村哲、前園涼、吉田亮, 第一原理計算を援用したベイジアン・アプローチによる新規化合物探索, 10回分子科学討論会2016, 神戸ファッションマート(兵庫県神戸市), 2016/9/15, A01 本郷.
  34. Ichibha, K. Hongo and R. Maezono, 鉄フタロシアニンの拡散量子モンテカルロ計算, 日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学角間キャンパス(石川県金沢市), 2016/9/15, A01 本郷.
  35. Alberto Sala,荻野拓,田中隼人, 岸尾光二,後藤義人,伊豫彰,永崎洋, (Eu, La)FeAs2の合成及び物性, 77回応用物理学会秋季学術講演会, 朱鷺メッセ(新潟県新潟市), 2016/9/15, A01 荻野.
  36. 林 功輔,荻野 拓,下山 淳一,岸尾 光二, SmFeAs(O, F)の超伝導特性に対するSn添加効果の機構解明, 77回応用物理学会秋季学術講演会, 朱鷺メッセ(新潟県新潟市), 2016/9/15, A01 荻野.
  37. 市原義悠、荻野拓、下山淳一、岸尾光二, CrPn層を持つ層状化合物の物性制御, 77回応用物理学会秋季学術講演会, 朱鷺メッセ(新潟県新潟市), 2016/9/15, A01 荻野.
  38. Kazuki Asami, Jumpei Ueda, Mamoru Kitaura, Setsuhisa Tanabe, Construction of vacuum referred binding energy diagram for understanding electronic structure of Ce3+ doped Gd3(Al, Ga)5O12 phosphors, 77回応用物理学会秋季学術講演会, 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市), 2016/9/14, A03 田部.
  39. 高津 浩, 吉宗 航, 山本 隆文, Cedric Tassel, 小林 洋治, Olivier Hernandez, Dmitry Batuk, Artem M. Abakumov, Craig Brown, 陰山 洋, 新規ペロブスカイト型酸化物PbMoO3の低温物性, 日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学角間キャンパス (石川県金沢市), 2016/9/13, A01 陰山.
  40. 秋元 昴, 松田 康弘, 陰山 洋, 超強磁場下における磁気複屈折観測技術の開発, 日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学角間キャンパス (石川県金沢市), 2016/9/13, A01 陰山.
  41. 関野徹、藤井賢佑、西田尚敬、後藤知代、殷 澍、Soo Wohn Lee, 化学処理により可視光応答化したチタニアナノチューブの機能およびその発現機構, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/9, A01 .
  42. 八島 正知、藤井 孝太郎、丹羽 栄貴, ワークショップ X線回折でわかる結晶構造と化学結合, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム,セッション12.先進的な構造科学と分析技術, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/9, A02 八島.
  43. 山本隆文, 川上隆輝, Michael A. Hayward, 岡田卓, 亀卦川卓美, 陰山洋, 酸水素化物におけるヒドリドの高圧縮挙動, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/9, A02 山本.
  44. 村田 大輔、許 健、上田 純平、田部 勢津久, 残光エネルギーを利用したガーネット蛍光体の近赤外発光特性評価, 日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/9, A03 田部.
  45. 小林幹彦・殷シュウ・佐藤次雄, 不可視光遮蔽材料を用いた透明薄膜の調製, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/8, A01 .
  46. 山内亮二、鱒渕友治、吉川信一, 硬磁性FePtを共存させて合成した“a”-Fe16N2”の構造と磁性, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/8, A01 鱒渕.
  47. 北村拓也、荻野拓、岸尾光二、下山淳一, フッ素を含む新規層状複合アニオン化合物の合成と物性, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/8, A01 荻野.
  48. 宮野 隼、上田 純平、田部 勢津久, Ce3+, Yb3+共添加YAGG透光性セラミックスの残光特性評価, 日本セラミックス協会 第30回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/8, A03 田部.
  49. 倉田 真志, 稲田 幹, 榎本 尚也, 林 克郎, 正方晶BaTiO3マイクロオーダー単結晶ロッドの水熱合成, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A02 .
  50. 板原浩、今川晴雄、呉暁勇、山崎芳樹、殷 シュウ、小島一信、秩父重英、佐藤次雄, 固相剥離法による Si 系剥片状ナノ粒子の合成と光物性・光触媒特性, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 .
  51. 只木幹也、鱒渕友治、吉川信一, 窒化炭素C3N4を窒素源とするペロブスカイト型酸窒化物SrTaO2Nの合成, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 鱒渕.
  52. C?dric Tassel, Yoshinori Kuno, Koji Fujita, Daichi Watabe, Dmitry Batuk, Artem M. Abakumov, Kazuki Shitara, Akihide Kuwabara, Hiroki Moriwake, Clemens Ritter, Craig M. Brown, Takafumi Yamamoto, Ryu Abe, Yoji Kobayashi, Katsuhisa Tanaka, Hiroshi Kageyama, A Novel Oxynitride Perovskite with a High-Temperature-type LiNbO2 Structure, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 陰山.
  53. 竹入 史隆, 山本 隆文, 藤田 晃司, 細川 三郎, 小林 洋治, 陰山 洋, 林 直顕, 池田 一貴, 本田 孝志, 大友 季哉, 新規ペロブスカイト型鉄酸フッ化物の合成と物性, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 陰山.
  54. 村上 泰斗, 山本 隆文, 高津 浩, 陰山 洋, S. M. Yusuf, 金属秩序 NiAs 型構造を持つ磁性体 HfMnSb2 の次元性制御, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 陰山.
  55. 加藤 大地, 国奥 広伸, 東 正信, 山本 隆文, 阿部 竜, 陰山 洋, 酸塩化物光触媒 Bi4NbO8Cl における Ln 固溶と結晶・バンド構造制御, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 陰山.
  56. Ya Tang, Yoji Kobayashi, C?dric Tassel, Takafumi Yamamoto, Hiroshi Kageyama, Hydride-enhanced CO2 Methanation: BaTiO2.4H0.6 as a New Support, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 陰山.
  57. 山本 隆文, 陰山 洋, 川上 隆輝, Michael A. Hayward, 岡田 卓, 亀卦川 卓美, 酸水素化物におけるヒドリドの高圧縮挙動 , 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 陰山.
  58. 千葉 裕介, 齋藤 美和, 萩原 健司, 高津 浩, 陰山 洋, 本橋 輝樹, ホーランダイト型酸化物 AxTi8O16 (A = K, Cs) の電解合成と物性, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 陰山.
  59. 松本 勇輝, 山本 隆文, 竹入 史隆, 陰山 洋, 林 直顕, 遠山 貴己, Li Zhi, 新規層状オキシカルコゲナイド化合物の合成と磁性, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 陰山.
  60. 荻野拓、焼田裕之、下山淳一、岸尾光二、伊豫彰、永崎洋, 混合原子価アニオンを持つ鉄系超伝導体の物性評価, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A01 荻野.
  61. 山本 隆文, 陰山 洋, 川上 隆輝, Michael A. Hayward, 岡田 卓, 亀卦川 卓美, 酸水素化物におけるヒドリドの高圧縮挙動 , 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A02 山本.
  62. 許 健、上田 純平、田部 勢津久, Design of novel garnet persistent phosphors with red/NIR persistent luminescence for the first bio-imaging window, 日本セラミックス協会 第29回秋季シンポジウム, 広島大学東広島キャンパス(広島県東広島市), 2016/9/7, A03 田部.
  63. 荻野 拓, 複合アニオン化合物の合成, 1回公開シンポジウム(キックオフミーティング) 複合アニオン化合物の創製と新機能, 京都大学桂キャンパス ローム記念館大ホール(京都府京都市), 2016/8/29, A01 荻野.
  64. 八島 正知, 国際活動支援について, 1回公開シンポジウム(キックオフミーティング) 複合アニオン化合物の創製と新機能, 京都大学桂キャンパス ローム記念館大ホール(京都府京都市), 2016/8/29, A02 八島.
  65. 八島 正知、藤井 孝太郎、丹羽 栄貴, 複合アニオン材料の構造解析と構造物性無機材料の結晶.
  66. 構造解析と新物質探索-, 1回公開シンポジウム(キックオフミーティング) 複合アニオン化合物の創製と新機能, 京都大学桂キャンパス ローム記念館大ホール(京都府京都市), 2016/8/29, A02 八島.
  67. 林 克郎, 複合アニオン化合物の解析, 1回公開シンポジウム(キックオフミーティング) 複合アニオン化合物の創製と新機能, 京都大学桂キャンパス ローム記念館大ホール(京都府京都市), 2016/8/29, A02 .
  68. 前田和彦, 複合アニオン化合物の機能, 1回公開シンポジウム(キックオフミーティング) 複合アニオン化合物の創製と新機能, 京都大学桂キャンパス ローム記念館大ホール(京都府京都市), 2016/8/29, A03 前田.
  69. 林 克郎, NASICONセラミックス分離型ナトリウム空気電池, 6回九州若手セラミックフォーラム(KYCF-6)&第6回窯業基礎九州懇話会, ルートイングランティア大宰府(福岡県大宰府市), 2016/8/27, A02 .
  70. 稲田幹、倉田真志、榎本尚也、林克郎, 正方晶チタン酸バリウム針状結晶の 水熱合成, 2016年粉体工学会春季大会, 京都リサーチパーク(京都市), 2016/5/18, A02 稲田.

受賞

    国際学会等

    2017

    1. 小松田 紫央, 東北大学多元物質科学研究所, 修士1年生, Best Poster Award (ISEPD2017(Okinawa), 「N-TiO2/ F-TiO2 Nanocomposite with Enhanced Photocatalytic Activity under Visible Light Irradiation」, 2017/2/19, A01 殷.

    2016

    1. 殷 しゅう, 東北大学多元物質科学研究所, 教授, Rare Earth Resource Utilization Research Award, 「希土類資源利用に関する研究」, 2016/8/18, A01 殷.
    2. 殷 しゅう, 東北大学多元物質科学研究所, 教授, “Best Oral Presentation Award( ISRERU-4 & ISFM-7,  TAM Session,  Changchun,  China)”, Enhanced deNOx Activity of Composite Type Photocatalytic Materials, 2016/8/18, A01 殷.

    国内学会等

    2017

    1. 栗木 亮, 東京工業大学理学院, 博士2年, 第36回光がかかわる触媒化学シンポジウム,ポスター発表賞, 「有機半導体と Ru(II)複核錯体からなる可視光応答型CO2還元光触媒系の構築」,2017/6/30, A03 前田.
    2. 栗木 亮, 東京工業大学理学院, 博士2年, 日本化学会第97春季年会 学生講演賞, 「Ru(II)二核錯体を複合化した光触媒を用いた可視光駆動型CO2還元反応」, 2017/4/18, A03 前田.
    3. 小野塚 智也,  東京大学大学院理学系研究科, 博士3年, 日本表面科学会第2回関東支部講演大会ポスター賞, 「トポタクティックフッ素導入/酸素アニールによるNdNiO3薄膜の可逆的抵抗制御」,  2017/4/10, A03 長谷川.
    4. 陰山 洋, 京都大学大学院工学研究科, 教授, 第34回日本化学会学術賞, 「機能性を有する酸化物および複合アニオン化合物の開拓」, 2017/3/17, A01 陰山.
    5. 王 赫, 九州大学応用化学部門応化機能, 博士1年生, 平成28年度エネルギー研究教育機構若手研究者・博士課程支援プログラム奨励賞, 「Fabrication of Na3V2(PO4)3/NASICON bilayer thin film  using Na2O-Nb2O5-P2O5 glass additives for all-solid-state sodium ion batteries」, 2017/1/31, A02 林.

    2016

    1. 前田 和彦, 東京工業大学理学院, 准教授, 第13回日本学術振興会賞, 「半導体光触媒を中核とした人工光合成系の開発」, 2016/12/27, A03 前田.
    2. 加藤 愛梨, 京都大学, 修士2年生, 第10回物性科学領域横断研究会, 「表面窒化LiFePO4正極の界面反応機構解明」, 2016/12/9, A03 内本.
    3. 前田 和彦, 東京工業大学理学院, 准教授, 第11回凝縮系科学会賞, 「可視光水分解を実現する新たな光触媒系の開発」, 2016/12/9, A03 前田.
    4. Angga Hermawan, 東北大学多元物質科学研究所, 修士2年生, 「籏野奨学基金」第11回多元物質科学研究奨励賞受賞, 「アンモニアガスでの直接窒化による形態制御可能な窒化物の合成」, 2016/12/8, A01 殷.
    5. 細野 新, 北海道大学大学院総合化学院, 修士2年生, 平成28年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会優秀発表賞, 「ペロブスカイト型酸窒化物誘電体SrTaO2NにおけるHIP焼結の効果」, 2016/10/28, A01 鱒渕.
    6. 松本 喜幸, 北海道大学大学院総合化学院, 修士2年生, 平成28年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会優秀発表賞, “「アモルファスアルミナが共存する“a””-Fe16N2”の合成と磁気特性」”, 2016/10/28, A01 鱒渕.
    7. 中村 圭吾, 東京工業大学理学院, 修士2年生, 日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム 先進的な構造科学と分析技術セッション 最優秀講演賞, 「新型酸化物イオン伝導体BaZnHo2O5の発見」, 2016/9/9, A02 八島.
    8. 土屋貫太郎, 物質・材料研究機構, 研修生(筑波大修士課程学生), セラミックス協会第29回秋季シンポジウム特定セッション優秀発表賞, 「ホウ化物単結晶における増強された熱電特性」, 2016/9/7, A02 森.
    9. 田中 萌子, 九州大学応用化学部門応化機能, 修士1年生, 平成28年度MC1テーマ発表試問会最優秀講演賞, 「TiO2(B)を負極としたMgイオン二次電池の作製」, 2016/8/29, A02 林.
    10. 河原 圭, 九州大学応用化学部門応化機能, 修士2年生, 平成28年度MC2中間発表試問会最優秀講演賞, 「A sulfur/carbon compound synthesized from MAX precursor and its performances in cathodes of Li/Na ion batteries」, 2016/8/29, A02 林.
    11. 稲田 幹, 九州大学大学院工学研究院, 助教(*受賞当時), 21世紀記念個人冠賞 倉田元治賞 (日本セラミックス協会), 2016/6/3, A02 稲田.
    12. 河原 圭, 九州大学応用化学部門応化機能, 修士2年生, 平成28年度MC2修士論文発表試問会最優秀講演賞, 「MAX相化合物を前駆体としたS/C複合材料のNaイオン電池における充放電挙動」, 2016/2/21, A02 林.

    財団等

    2016

    1. 稲田 幹, 九州大学大学院工学研究院, 助教(*受賞当時), 第9回資生堂女性研究者サイエンスグラント, 大気汚染物質除去のためのメソ多孔質シリカ-チタニア-アパタイト材料の開発, 2016/7/8, A02 稲田.

     

    書籍

    2017

    1. 林 克郎, 技術情報協会 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発 「ナトリウムイオン伝導体β”-アルミナおよびNASICONの緻密化」 2017 6 (339-345) , A02 林.
    2. 荻野 拓(門脇和男編),  裳華房, 超伝導磁束状態の物理 4.3.4その他の超伝導体, 2017 5(349-354), A02 荻野.

    2016

    1. 上田純平,田部 勢津久, シーエムシー出版, 次世代蛍光体材料の開発, 2016 262(171-179).
      田部 勢津久, シーエムシー出版, 太陽光と光電変換機能-異分野融合から生まれる次世代太陽電池 2016 307(286-291), A03 田部.
    2. Takao Mori CRC Press, Taylor and Francis Chapter 10 Other materials; Borides and Carbides. in “Advanced Thermoelectrics: Materials, Contacts, Devices, and Systems” submitted, A03 森.

    特許

    国内

    2017

    1. カーボンドープ光触媒の製造方法 佐藤次雄、殷しゅう、田中洋 同左 特許、特許第6088244号 2017年2月10日, A01 殷.